2008年06月25日

発注者ビューガイドライン

発注者ビューガイドラインの活動の成果物がアップされていたので
読んでみました。
(・・・ようやく読む余裕ができた、とも言えるのですが)

ガイドラインは、

・画面編
・システムの振舞い編
・データモデル編

の3つに分かれていて、ドキュメントを作るうえでのコツを
中心に記載されています。

当たり前、常識といえばそれまでの内容かもしれませんが、ドキュメントと
して記録しづらく、経験でしか得られないものを文書化しようとして、
成果物として纏め上げた功績は評価できるかな?と思ってます。


ただ、「コツ集」としての側面が強く、ドキュメントによって内容の
深さやまとめかたにバラツキがありますし、例として書かれたドキュメント
自体が統一感が無いなどの問題もあります。

これらをブラッシュアップして更に良いものをつくって欲しい、
と思うのですが・・・活動は終わっちゃったみたい。
残念。


また、このドキュメントに落とす前段階−ユーザからのヒアリング技法、
設計手法についても、誰かまとめてくれないもんですかねぇ。
他力本願ですが。
posted by しげ at 21:39| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

ファイル比較ツール

ソース管理ツールにファイル比較機能がついてるので、利用する
頻度は余り多くないのですが、それでも、
・ソース管理ツールで管理されてない新旧のソース
 (↑そもそも、それが・・(ry )
・ダンプしたテストデータ

あたりのためにこれまではDFを使ってました。

軽快に動作するし、1点を除いて機能的には困ってませんでした。
その1点というのが・・・
フォルダ一覧では差異有りなのに、ファイルを開くと同一と判断される

という点。
・フォルダ比較ではサイズが違うと不一致と判断
・ファイル比較では文字コード、改行コードを別々に設定して
 不一致か判断できる

と、比較条件に違いがあることが原因みたいです。

この問題点に耐えきれず、別の比較ツールをさがしてみました。
そして見つけたのが、WinMerge

UIが独特なんでちょっと操作に慣れるまで時間がかかりますが、
DFよりも高機能。ただこちらも日本語に問題があるみたいで、
初期設定のままではUTF-8(BOMなし)の場合に日本語が文字化け
するみたいです。

設定で、ファイルのコードページを検出させながら比較させると
文字化けが発生せず利用できるみたいです。


というわけで、これからはWinMergeにお世話になることにします。
posted by しげ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月10日

UIドキュメントのサンプル

日経SYSTEMSの11月号で紹介されていた、発注者ビューガイドライン
ダウンロードして読んでみました。

大手SIerの品質管理部門が作成したような丁寧なドキュメントで
当たり前のことも少なくないのですが、基本設計の経験が少ない
人にとっては勉強になりそうです。

うちの若いもん(すっかりオヤジ発言)にも読ませることにします。


こういうドキュメントやノウハウも『オープン』になっていくと、
業界全体のレベルが上がっていくと思うんだけど、オープンに
できないもんなんですかね。
ラベル:UI 画面設計書
posted by しげ at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ドキュメンテーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。